読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カノジョの葛藤

25歳、社会人、OL 子宮頸ガンークラス3a  そんなカノジョの葛藤

2

彼女の回想 当時の記憶を呼び起こす 思えば、初期症状と言って思い出すのは 帰宅中の電車だ。 あれは入社2年目だったかな。 飲み会もいかず、残業を終えた電車の中で、 突然 寒気 めまい 頭痛 震え 寒さ 体の鈍さ 風の諸症状のような感覚が襲ってきた。 優…

≪始まりはいつも突然に≫ こんなフレーズ、恋の歌でありそうだ。 でも現実は、恋でなくても起こるんだ ということを身をもって感じた 病で。 始まりは…何だったんだろう。 原因は思い当たらないわけでもないけど はっきりしたことはわからない。 思えば、感じ…

ゼロ

25歳の、晴れた日だった カノジョが子宮頸がんだと知ったのは。 すこし気温が高くなってきて すこし汗ばんでいて、営業マンにとっては外回りが少し楽になるそんな季節。 ごく普通に生きてきた すこし頑張って生きてきた すこし見栄を張って生きてきた 誰か…