カノジョの葛藤

25歳、社会人、OL 子宮頸ガンークラス3a  そんなカノジョの葛藤

2

彼女の回想

当時の記憶を呼び起こす

 

 

 

思えば、初期症状と言って思い出すのは

帰宅中の電車だ。

あれは入社2年目だったかな。

 

飲み会もいかず、残業を終えた電車の中で、

突然 寒気 めまい 頭痛 震え 寒さ 体の鈍さ

風の諸症状のような感覚が襲ってきた。

 

優先席…空いていない

手すりなら空いている

ドアと手すりのスペースに身を隠すように

ひたすら怒涛が通り過ぎるのを待った。

 

1  2  1  2  ・・・

 

こんな感じになったのは…

中学2年でバドミントンの大会前に

地元の駅で座り込んだ時かな。

 

もっとも、あれは、便秘だったがな。

 

あぁ   あぁあぁ

 

 

 

心臓の鼓動が早くなり、目の前が真っ暗になった。

 

1  2  1  2   ・・・

 

 

 

ただの貧血だ、という思い込みで耐える

 

足も震える

 

きっと仕事で疲れているんだ、と思い込ませる。

 

じわじわ汗が身体の表面に浮かんでくる。

 

大丈夫、もうすぐ最寄り駅…

もうすぐ…

 

 

1  2  1  2  ・・・

 

真っ黒になり思考停止になった脳裏によぎったSOSサイン

 

 

でも

 

ここで助けを呼んだら睡眠時間が短くなる

明日の仕事に影響がある

誰かに迷惑をかける

なにより私は大丈夫

 

気力で二本の足で揺れる地下鉄を踏みしめた。

地下鉄の揺れが憎らしい。

 

 

 

駅に着いた

 

コンビニ行って夕飯買わなきゃ

 

 

家について気が付いたら

スーツのまま、コートは玄関に

濃いメイクも落とさず

時計の針は深夜2時だった。

 

 

ねずみは体調よりも、明日の仕事を心配した。

そして次の日の仕事は通常通りの時間に起き

上司のプレッシャーや、契約がとってこられない自分に憤りを感じ

一日が過ぎた。

 

 

もうねずみは大丈夫。

 

地下鉄での葛藤も、忙しい日々にやられ

すぐに忘れた。

 

ただの一時的な貧血だ。

泥ねずみは毎日をこなすことで精いっぱいだった。

とりあえず働かないと、契約とらないと、

怒られないようにしないと、お金ないからコンビニで何食べよう

 

体調のことなんて忘れていた。

 

 

 

 

回想はもう少し続く